光を発する機能のほかにデザインイメージを左右するヘッドライト

デザイン性を左右するヘッドライト

光を発する機能のほかにデザインイメージを左右するヘッドライト header image 3

光を発する機能のほかにデザインイメージを左右するヘッドライト

ヘッドライトはどのような車にも取り付けられているライトで、その位置と形状から自動車のデザイン性を大きく左右するものになっています。本来の機能は夜間や視界が悪い場合に前方に光を照射することで安全を確保することを目的としています。しかし最近の自動車の反吐ライトを見てみると、そのほとんどが流線型のものになっていることがわかります。そのため車種が変わってもある程度似たようななデザインになってしまい、面白みが半減しているという見方もあります。

000829
この様に似通ったデザインになるのにはいくつかの理由がありますが、まず第一にデザインよりも安全性を重視した結果です。万が一の衝突の際に突起があるかないかで人の運命を左右することもありますので自然と丸みを帯びてきます。
次にコストダウンの問題があります。かつてはライトを一つの部品として設計してきましたが、近年ではライト全体を一つのユニットとして設計するほうが安く作れるようになりました。そのためコストダウン目的で同じような見た目になりがちです。
この傾向はより安価で安全な自動車を作りたいというニーズに基づいて変化した結果であり、見た目を最も重視して作っているわけではないことが伺えます。