光を発する機能のほかにデザインイメージを左右するヘッドライト

デザイン性を左右するヘッドライト

光を発する機能のほかにデザインイメージを左右するヘッドライト header image 2

ヘッドライトの種類

2014年06月02日 · コメント(0) · 未分類

車の前照灯は夜間やトンネルなどの暗所で前方を明るく照らす役割で設置されています。
以前はバルブと言われる電球部分がフィラメントを用いた白熱タイプのものが一般的でした。
レンズと呼ばれるユニットもガラスが多く、光を強くするように内側は光が屈折し、大きな光量を発生するため、ギザギザの刻みや凹凸のあるつくりで表は平らで前方に対して直角のデザインとなっていました。
現在のものではディスチャージライトというキセノンガスを用いたタイプのライトが多く、最新のものではLEDを用いたものが増えてきました。
キセノンガスを利用したディスチャージライトの場合、明るさが従来のものより明るく、バルブの寿命が長いという利点があります。006241
LEDライトはまだまだ少ないですが最近の新型の高級車には搭載されるようになりました。
LEDの場合寿命がもっとも長いです。
以前はレンズがガラスであったのに比べて、近年のものではアクリルレンズが多く、透き通ったクリアなレンズに変わってきました。
これは、車の軽量化や万が一の事故の際に被害者への怪我を軽いものとするという発想から変化してきたことで、しかもバンパーからボンネットまで曲線を合わせたツライチのヘッドライトが多く、空気抵抗や軽量化、さらに人身事故での加害者のことまで考えられてつくられるように変化してきました。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。