光を発する機能のほかにデザインイメージを左右するヘッドライト

デザイン性を左右するヘッドライト

光を発する機能のほかにデザインイメージを左右するヘッドライト header image 2

ポジショニングランプ

2014年06月10日 · コメント(0) · 未分類

ポジショニングランプは一般的にスモールライトと呼ばれ法律的には車幅灯とも呼ばれています。

 

このライトの役割は文字通り車のポジションを対向車などの他車から見て分かりやすくするために取り付けられています。
スモールライトには夜道を照らすだけの光量は無く、日が沈み空が暗くなった状態では前照灯を点灯させるようにしましょう。
スモールライトの点灯タイミングは夕方から日の入り時刻が点灯のタイミングです。

アイランド03

夕方から日の入りの時間帯は空が薄暗くなり、他車から見て自車の位置がわかりにくい時間帯でもあります。
この時間帯にスモールライトを点灯させていないと、交差点などで対向車の距離感をつかみにくく、思わぬ事故を起こしてしまう可能性があります。
また夕方から日の入り時刻以降の時間帯にスモールライトを点灯させずに交差点内で事故を起こした場合、例えば自車が優先であったとしても過失割合が多くなることがありますので注意が必要です。

 

夕方から日の入り時刻以降に狭い道などでのすれ違いをする際にもスモールライトは車幅を知らせるためにとても重要になります。
狭い道などでどちらが譲るべきかなどを即座に把握することができるため、結果的に渋滞などを緩和させる役割もあります。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。