光を発する機能のほかにデザインイメージを左右するヘッドライト

デザイン性を左右するヘッドライト

光を発する機能のほかにデザインイメージを左右するヘッドライト header image 2

車のライト色々

2014年06月10日 · コメント(0) · 未分類

現在、ヘッドライトの種類ではLED、HID、ディスチャージ、ハロゲンが有ります。
ハロゲンは、交換式の電球(ハロゲンバルブ)を内蔵するヘッドライトのことで、現在、最も多く採用されています。一般にはたいていこれです。バルブ内部にハロゲンガスを封入することで、フィラメント(発光部)を熱などから守り、従来の白熱バルブよりも高照度・高耐久を実現しています。
HIDはHigh Intensity Discharged lampの略で、ディスチャージともいわれています。ハロゲンの3倍の明るさ、4倍の寿命を持つといわれています。ライトの中では最も視認性に優れているため、高級車のロービームに標準装備されています。
LEDは最近、家庭用の照明でも急速に使われ始めているように、とても低消費電力に優れています。発光色が豊富で綺麗。ただし、もともとは家電製品のモニターに使われていたように、照明するというよりも、示すとか見せるための光であったために、前照灯やフォグにするには光度が足りません。後方や側面のライトに使われることが多いです。
それぞれ、長所・短所があります。種類によっては、取り替えられるものと取り替えられないものがあります。
交換の際には説明書をよく見て、交換するとよいでしょう。アイランド01

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。